新しい・お墓のデザイン・出会いと別離の物語 by 丸谷博男

newohaka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:♫designer丸谷博男の自己紹介( 1 )


2009年 04月 10日

designer & 建築家 丸谷博男の自己紹介

Arts and Architecture
■株式会社エーアンドエーセントラル&j-sense東京   
〒155-0033東京都世田谷区代田3-48-5 梅ヶ丘アートセンター
tel03-5431-6030 fax03-5431-6031
■j-sense札幌
〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目1-10
tel011-826-5080 fax011-826-5081
■j-sense福岡
〒810-0031 福岡市中央区谷 1-12-36 木香庵
tel080-6536-9240

Email h.maruya@a-and-a.net

□プロフィール
1948年9月 山梨県に生まれる。父母の故郷は樺太のため「田舎はない」。
1952年   東京に転居、それ以来東京での生活を営む。
1972年3月 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1974年3月 同大学院卒業/同大学非常勤講師となる(〜1988/2002〜再び)
1975年4月 1983年に独立するまで奥村昭雄先生の研究室/アトリエにおい
        て家具と建築の設計を学ぶ。特に室内環境、太陽エネルギー利用、
        環境共生的なアプローチに力点を置き、現在普及しているOMソー
        ラーシステムの開発期にかかわる。
1992年10月 世田谷区梅ヶ丘にモノつくりの拠点「梅ヶ丘アートセンター」を
        創設し、設計事務所とギャラリー、和紙、土壁、布、木材など伝統
        素材に関わる職人の世界に踏む込み、創造活動を展開する。2008年まで。
1993年5月 はじめて柳川を訪問する。その後九州の方々とのご縁が深まり、
        さまざまなプロジェクトが今日まで続く。とくに環境共生を共通したテーマとしてい
        る。柳川では、住宅4軒、幼稚園1軒、老人福祉施設1軒。
2001年9月 「桜坂の家Ⅰ」RC3階建て・外断熱竣工
2002年3月 「浄水通りのグランドメゾン浄水通」竣工
     9月 「唐津の家」Ⅱ
2003年10月 小倉中井に「そばの杖」、八幡に「別所の家」、竣工
2004年3月 北九州市に木造のオフィス「東田エコクラブ」竣工
2005年4月〜2006年2月札幌にて「北のデザイン」を呼びかけセミナーを11回開催
2005年7月 福岡市東区人工島に「照葉の家Ⅰ」竣工
    12月 福岡市輝国に「輝国の家」竣工
2006年6月 j-sense福岡を創設、総合デザイン集団として発信する。
2007年5月 「桜坂の家Ⅱ」1階S造2・3階木造、OMソーラー竣工
2007年10月 j-sense札幌を創設、全国的な視野で家づくりに取り組む。
2008年12月 「南のデザインⅠ」として「南風台の家」をオープンハウス
2009年5月 j-sense東京を立ち上げる。関東甲信越という視野で活動を展開する
2009年6月 札幌にて「北のデザインby j-sense」による第1号モデルハウスをオープンハウス。連続セミナーを通じて「北のデザイン設計手法」をプレゼンテーションする
2009年7月 福岡にて「南のデザインⅡ」として「須恵の家」を連続オープンハウス

■資格、所属組織
一級建築士 建設大臣登録第176305号  インテリアプランナー登録90―10017   
日本建築学会会員、新建築家技術者集団全国常任幹事
東京芸術大学美術学部建築科非常勤講師/千葉大学工学部デザイン工学科建築系非常勤講師
日本クラフトデザイン協会賛助会員
NPO梅ヶ丘アートセンターフェローシップ代表

■得意分野・コンセプト
現在、ものづくりとまちづくりと施設づくりを通じて、人間の元気づくりと本物づくりを、スタッフとともに進めている。とくに最近では、土壁、漆喰壁、和紙、染色などを再評価し、現代的な表現に取り組んでいる。住宅以外には、医療・福祉施設に取り組む。意外に飲食店の設計も多い。シンプルな和の感覚が自分に合っているようである。

■住まいにとって大切なことは?
住まいは人の形、人生の形、そして住み方の形である。住まいをデザインするということは、人の生活を思い浮かべることであり、その生活の具体的な場面を実現することである。

■建てた家の魅力と特徴は?
自然素材を使い、より自然な温湿度環境をつくり出し、家族の変化や時代の要求に対して価値を失うことのない住宅。素材を見る目、素材を加工する技術、素材を楽しむ心を大切にした住まいづくり。

■設計料の目安は?
建築工事費の木造12%、RC・S造14%。役所に対する諸手続きは別途。遠距離の場合は、旅費が必要。ただし、札幌・福岡市内は無料。

■著書
「住まいのアイデアスケッチ集」「イラストによる家づくり成功読本」「設備から考える住宅の設計」「実践木造住宅のディテール」「家づくり100の心得」(いづれも彰国社刊)
「男と女の建築家が語る家づくりの物語」(工業調査会刊)

■ 丸谷博男のブログ  http://maruya.exblog.jp/
■ J-senseのブログ  http://jsense.exblog.jp/
■ artcenterのブログ http://artcenter1.exblog.jp/
■アグリファーム国友(農業) http://akunitomo.exblog.jp/
■ 〒155-0033東京都世田谷区代田3-48-5梅ヶ丘アートセンター  
   tel03-5431-6030 fax03-5431-6031
■ E-mail/h.maruya@a-and-a.net
f0236475_8321459.jpg

[PR]

by ohakadesign | 2009-04-10 08:32 | ♫designer丸谷博男の自己紹介