人気ブログランキング |

新しい・お墓のデザイン・出会いと別離の物語 by 丸谷博男

newohaka.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 11日

韓国の墓事情

韓国旅行「コネスト」韓国旅行情報とソウルの今をお届けのホームページより

韓国人の75%が墓地への埋葬を好んでいるが、これは儒教文化の影響である。韓国では朝鮮時代から儒教の影響が強く、いまだに残っている。最近、人口の急激な増加とともに、墓地問題が深刻化し、死んだ人の墓地どころか、今生きている人々が生活する土地さえないということである。
 
韓国人は、なぜこんなに墓地に執着しているのか。
韓国には昔から“風水地理”という土地の気運を重視する学問が発達していた。昔の人々は風水地理により家や墓地を決めた。気運のいいところに、家を建てたり、墓地を決めたりすると事業が成功し、子孫が繁栄すると信じられてきたのだ。(たとえば、今の金大統領の場合、先祖の墓地をうまく決めたから、大統領になれたという話もある)。
 
アンケートによれば韓国国民の80%以上が風水地理を信じている。しかし、正しい風水地理の知識を持っている人は少ない。(風水学は元来古代中国で生まれた。その奥深い理致は東洋哲学に基づいていて、宇宙の道理を悟ることができないと風水学を理解することができない。)

風水地理に対する厚い信仰により、韓国人たちは火葬よりも墓地への埋葬を好む。最近、ある市民団体は韓国全国が巨大な墓地と化する前に、火葬文化を定着させるため、活発に署名運動を繰り広げている。
700年以上も前の朝鮮時代から発達した墓地文化が、一朝一夕に変わることは不可能であっても、火葬文化に対して、関心を持つ人々も少しずつ増えつつある。
 
f0236475_10532786.jpgf0236475_10533811.jpg

by ohakadesign | 2010-04-11 10:53 | ❏お墓のデザイン・アジア


<< 日本の墓の歴史 その1      墓とは何か? タイランドの墓 >>