新しい・お墓のデザイン・出会いと別離の物語 by 丸谷博男

newohaka.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 10日

沖縄の墓「亀甲墓」ほか

亀甲墓(かめこうばか、きっこうばか、かみぬくー(亀の甲)ばか)は、沖縄県に多い墓の形式のひとつ。沖縄本島でも中南部によく見られる。この他に破風型(破風墓)、家型(屋形墓)というのが、沖縄県に多い墓の形式であり、本土にあるような四角柱形の石の墓はあまり見られない。
一般に緩やかな斜面に多く見られ、亀の甲羅状の石の屋根の下に、畳にして4畳から大きい場合は8畳くらいの石室が設けられている。
亀の甲羅状の屋根が覆う部分は、母の胎内、そこから人が生まれてきた出生以前の胎内を意味している。中国の易経の世界観では、人の一生が、誕生以前の漆黒の闇を黒冬し、青春(青年期)、朱夏(壮年期前期)、白秋(壮年期後期)を経て、老い衰えて目も見えず、耳も聞こえなくなると、再び死の闇に戻る。これで一生の円環が閉じるのだが、この四つの季節に方位の東西南北が当てられ、それぞれを四聖獣が守護するといわれ、北の玄冬(老年期)に充てられているのが、伝説上の亀の一種、玄武であることから、母体の中の闇の世界を亀の甲羅で覆ったのではないか、と考えられる。
こうした墳墓は沖縄県の他に台湾、香港、中国本土では福建省など中国南部に多くあり、大陸からの伝播ではないかと見られている。
古来日本列島全体に風葬の習慣があったが、沖縄県ではこの習慣がこの墓と融合し、死後数年間は遺骸を石室内に放置し、数年後に親族(特に長男の嫁)で洗骨して改めて骨壷に納骨して石室に収めることから、石室内部は広く設けられている。近年では沖縄県でも本土同様に火葬するケースが多くなっていることから、小規模な亀甲墓も見られるようになってきており、集合霊園に骨壷が納められる程度の小さなものが設置されることも増えてきている。本土でも、移住先に墓所を設けた沖縄県出身者が小規模、もしくは一般的な墓石サイズの小さな亀甲墓を建立した例がある。
春の彼岸には、各地で馳走を用意して、その家の亀甲墓の前で歓談しながら食事をしたり飲酒をしたりする習慣(清明祭)が残っている。
これを墓と知らない人たちにとっては、一見防空壕や掩蔽壕(トーチカ)のようにも見え、第二次世界大戦(太平洋戦争)の最中、アメリカ軍が軍事設備と誤認して砲爆撃を浴びせたこともあったという。日本軍は実際に簡易なトーチカや指揮所として利用し、住民も防空壕や避難所として使用した。中には、砲爆撃を逃れてこの中に避難したものの、軍事目標と誤認されていたがために砲爆撃の優先標的とされて攻撃を受け、一家全滅の憂き目に遭った、という悲惨な例もあった。
なお「夜になると入り口の戸が開く」という伝説が沖縄では古くから伝わっているが、今のところ確たる目撃例は無い。
f0236475_103451100.jpg
f0236475_10361885.jpg
f0236475_1036294.jpg
f0236475_1036409.jpg
f0236475_10365140.jpg
f0236475_1037191.jpg
f0236475_10371341.jpg

[PR]

by ohakadesign | 2010-04-10 10:28 | ❏お墓のデザイン・日本


<< タージマハル      日本における墓制(沖縄・北海道... >>